除草剤まかれメロン約6600玉被害の農園、クラウドファンディングに成功 「人生と世界観がひっくり返った」、道路からwww

1 :豆次郎 ★:2018/02/08(木) 19:15:06.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/E77Pjcs.jpg 2/7(水) 10:00配信
除草剤まかれメロン約6600玉被害の農園、クラウドファンディングに成功 「人生と世界観がひっくり返った」

 除草剤をまかれ、メロンハウス6棟全滅の被害に遭った寺坂農園が、クラウドファンディングで1700万円を超える資金調達に成功。損失分を補填した状態で再出発をむかえることになりました。

 農園が被害に遭ったのは2017年7月。除草剤によりメロンは見る見るやせ細り、懸命の処置にもかかわらず、従業員はゆっくりと枯れていくメロンをただ眺めるしかありませんでした。被害に遭ったメロンの数は約6600玉(約1500万円の損失に相当)。農園をめちゃくちゃにされ、途方に暮れた様子をつづった代表・寺坂さんのブログには同情や励ましのメッセージが多く寄せられました。

 寺坂さんはショックから冷静さを取り戻すにつれて、日常の平穏を取り戻していく農園と、経営の危機的状況のギャップに、さらに途方に暮れることになりました。そんな中、寄せられたメッセージの中に「クラウドファンディングで支援させてほしい」という声があったことを思い出したといいます。

 事件から約半年。絶望的な状況から今まで、どういった心境だったのか。寺坂さんにお話を聞きました。

●「一番辛かったのは『いじめられる側に問題がある』という意見」

——わずか5日間でのクラウドファンディング達成、おめでとうございます! 反響について率直な感想を聞かせてください。

寺坂:正直、とっても驚いています。事件後6カ月間、「ひどい世の中だ、こんなに辛い人生を生き続ければならないのか……」と苦しんでいました。でも、「世の中、いい人がこんなにいっぱいるじゃないか!!」と、人生と世界観がひっくり返りました。ご支援いただいた皆さまのおかげです。ただただ、感謝しています。

——事件後はショックも大きかったと思います。半年たって、心境に変化はありましたか。

寺坂:犯罪による物的金銭的損失もひどかったのですが、精神的にも辛い日々でした。犯人が捕まらないために、矛先が経営者の私に集まり、ゴシップネタとして繰り返し蒸し返されました。
 一番辛かったのは「いじめられているのは、いじめられる側に問題があるからだ」という論理で責められたことです。いわば犯罪の2次被害でした。世の中には「溺れ苦しんでいる犬を棒でつついて遊ぶ」人がこんなにもいるのだという現実に衝撃を受け、苦しみ続けました。ですが、クラウドファンディングの達成によって、一気に状況は変わりました。

——ひどい意見を言う人が一定数いる他方、応援してくれる人が大多数だったと証明された形ですよね。

寺坂:その通りです。善意ある支援、暖かい応援の声にたくさん包まれ、精神的に助けられました。本当に感謝しています

——犯人はまだ捕まっていません。犯人に対しては、まだ思うところはありますか。

寺坂:犯人について、思わない日はありませんでした。犯人は7月から数回イタズラをしていたようで、それがエスカレートし、最後は農業者が一番苦しむ犯行に及びました。許されることではありません。今でも警察による捜査が続いているので、逮捕される日が来るのを願っています。そして犯人には自首してほしいと、今でも思っています。

——クラウドファンディングはマイナスをゼロに戻す作業だったかと思います。今後の抱負についても聞かせてください。

寺坂:多くのご支援と応援により、事件の影響がない状態にまで挽回、回復することができました。これからは、ただただ平穏に農業ができる事を切望します。これからも、メロンを育てお客さまに直接お届けして喜んでもらえる仕事を、寺坂農園の仕事を続けていけることを願っています。そして、より一層大きくて甘くておいしいメロン作りに精進していきます。今年は、今まで以上に気合いが入っています!

(取材協力/画像提供:寺坂農園)

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000026-it_nlab-life
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180207-00000026-it_nlab-000-2-view.jpg

Read more
Scroll Up