米陸軍グリーンベレー隊員を米海軍シールズ隊員2人が絞殺か、ムー度満点!+#+

1 :みつを ★:2017/10/30(月) 16:46:51.67 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5SuFClj.jpg http://www.afpbb.com/articles/-/3148571

【10月30日 AFP】「グリーンベレー(Green Berets)」の通称で知られる米陸軍特殊部隊の隊員が西アフリカのマリで殺害される事件があり、米海軍特殊部隊(ネイビーシールズ、Navy SEALs)の隊員2人が絞殺した疑いがあるとして、海軍が調査に乗り出したことが分かった。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が29日、報じた。

 報道によると、ローガン・メルガー(Logan Melgar)軍曹(34)は6月4日、マリの首都バマコにある米大使館の共有宿舎内で遺体で発見された。メルガー軍曹はテロ対策と訓練のため現地に派遣された特殊部隊に所属しており、上官はただちに犯罪行為によって死亡した疑いがあると判断。陸軍の検視官が、絞殺されたと断定したという。

 米海軍犯罪捜査局(NCIS)の報道官はAFPに対し、「メルガー軍曹がマリで死亡した一件を調査しているのは事実だ」と認めたが、現在調査中だとして詳細は伏せた。NCISでは9月25日に米陸軍犯罪捜査司令部(CID)から調査を引き継いだという。

 NYタイムズ紙によると、容疑がかけられているシールズ隊員2人は休職扱いとなっているという。ただ、公式声明は発表されておらず、メルガー軍曹の死に関して訴追された人物もいない。(c)AFP

2017年10月30日 12:44 発信地:ワシントンD.C./米国

Read more
そんなの居+#+、海岸に下半身だけの遺体、食いちぎられたような痕 先週から行方不明の男女2人のどちらかの可能性…石垣市の海岸

1 :かばほ〜るφ ★ :2017/10/30(月) 19:12:07.14 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wNGcvdP.jpg 海岸に下半身だけの遺体 食いちぎられたような痕
(2017/10/30 18:44)

海岸に打ち上げられた下半身だけの遺体。
先週から行方不明の男女2人のどちらかの可能性があるということです。

30日午前10時40分ごろ、沖縄県石垣市の海岸で、流木と一緒に人の下半身が
流れ着いているのを見回りにきていた警察官が発見しました。
流れ着いたのは骨盤部分から右足のあたりで、食いちぎられたような痕があったということです。
この海岸近くでは先週、大阪府の30代の男女2人の行方が分からなくなっていて、
警察は遺体がこの2人のどちらかとみて身元の特定を急いでいます。

テレ朝news
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000113404.html

Read more
信じられん#!、戸籍の名字、市職員が無断で俗字に変更 本人が気付いて発覚/大和高田市

1 :ばーど ★:2017/10/30(月) 18:12:00.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/y2n2Hdf.jpg 奈良県大和高田市に住む50代の男性の戸籍名が正式な手続きをせずに、無断で同市の職員に変更されていたことがわかった。市は問題があったことを認め、チェック体制の徹底を図るとしている。

 男性は9月、住民票などを取得するために同市役所を訪れ、名字の一文字が俗字になっていることに気付いた。窓口で問い合わせると、正字から俗字に訂正されていたことがわかった。その場で元の字に戻す手続きを取った。

 市企画広報課や市民課によると、この訂正をしたときの書類が残っていた。2010年1月に当時の担当係長が戸籍訂正の起案をし、参事や課長の決裁を経て処理されていたことがわかった。戸籍名の訂正は本人の申し出が必要だが、申し出に必要な書類はなかった。

 市は当時の係長に聞き取りをするなど経緯を調べているが、係長は「明確な記憶がない」と話しているという。決裁をした参事や課長はすでに退職している。同様のケースは現在のところ、他にないという。

 男性は「大事な戸籍を役所の勝手な判断だけで変えてよいのか。ほかにも同じような人がいないか心配です」と話す。市民部の担当者は「原因については調べているところです。市民の信用回復に努めてまいりたい」としている。(松永和彦)

配信2017年10月30日15時57分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKBR6556KBRPOMB00W.html

Read more
いいね$+$、「ブレーキとアクセルを同時に踏んでしまった」 20代女性が運転する車、コンビニに突っ込む けが人なし…吉川市

1 :かばほ〜るφ ★ :2017/10/30(月) 18:40:40.94 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NH2Z2gz.gif 「ブレーキとアクセルを同時に…」 コンビニに車
(2017/10/30 17:26)

女性は「ブレーキとアクセルを同時に踏んでしまった」と話しています。

警察によりますと、30日午後1時すぎ、埼玉県吉川市の「ローソン吉川美南店」に
「車が突っ込んだ」と店員から110番通報がありました。
警察が駆け付けると、20代の女性が運転する車がコンビニ店のガラスを突き破って
店の中に入り込んでいたということです。
事故当時は店に客はおらず、店員と運転していた女性にけがはありませんでした。
女性は、ブレーキとアクセルを同時に踏んでしまったと話していて、
警察が事故の詳しい原因を調べています。
現場はJR吉川美南駅から南西に約300メートル離れた住宅街です。

テレ朝news
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000113383.html
http://news.tv-asahi.co.jp/articles_img/000113383_640.jpg

Read more
.  ??、カタルーニャ州 独立反対派が大規模デモ

1 :みつを ★:2017/10/30(月) 02:12:02.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zZkZvSz.jpg http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171029/k10011203401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

10月29日 21時40分

スペインからの一方的な独立宣言を州議会で可決したカタルーニャ州では、各地で独立を支持する動きが広がる中、社会や経済の混乱を懸念する市民もいて、こうした人たちが州都バルセロナで大規模なデモを行って独立反対を訴えています。

スペイン北東部のカタルーニャ州の議会で27日、一方的な独立宣言が可決されたことを受けて、スペイン政府は、州の自治権を停止し、プチデモン州首相などを解任して直接統治に乗り出しています。

これに対して、プチデモン氏は市民に民主的な抵抗を呼びかけて対決姿勢を鮮明にしていて、州内の各地では、市役所に掲げられていたスペイン国旗が取り外されるなど、独立を支持する動きが広がっています。

一方で、州内には独立宣言による社会や経済の混乱を懸念する市民もいて、こうした人たちがバルセロナ中心部で独立に反対する大規模なデモを行っています。

州内では、今月1日の住民投票のあと、1700社を超える企業が法律上の本拠地を州外に移転しているほか観光客や外国からの投資も減っていると伝えられています。

スペインの有力紙エルパイスは、29日、州議会による採決の前にカタルーニャの住民500人を対象に行った世論調査の結果を伝えていて、それによりますと、一方的な独立宣言に対して「反対」と答えたのは55%で、「賛成」の41%を上回っています。

デモの参加者は、カタルーニャ州の旗に加えて、スペインの国旗を掲げながらバルセロナ中心部の大通りに集まり、独立反対を訴えています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171029/K10011203401_1710292138_1710292140_01_02.jpg

Read more
マチスが+#+、北朝鮮情勢「年末に緊迫も」 富士山会合

1 :ばーど ★:2017/10/30(月) 10:09:19.27 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BIQK90d.jpg  国際関係や安全保障について日米の政府関係者や有識者が話し合う国際会議「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)が28日午前、都内で始まった。小野寺五典防衛相は北朝鮮の核・ミサイル開発問題で「残された時間は長くない。今年の暮れから来年にかけて、北朝鮮の方針が変わらなければ緊張感を持って対応せねばならない時期になる」と語った。今後数カ月で情勢が一層緊迫する可能性を示した。

 小野寺…※続く

配信2017/10/28 10:40 (2017/10/28 11:58更新)
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2284338028102017MM0000/

Read more
グッさあ^^^、ひきこもりの人の社会参加 支援考える催し

1 :みつを ★:2017/10/29(日) 06:45:34.90 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Z0TBPwn.jpg http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171028/k10011202081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_054

10月28日 20時06分

全国で推計54万人に上る「ひきこもり」の人が社会に再び参加できるようにするために、どのような支援が必要なのか考えようという催しが都内で開かれました。

この催しは、ひきこもりの子どもを持つ親などで作る団体が開いたもので、東京・大田区の会場には全国からおよそ300人が集まりました。

内閣府によりますと、職場や学校になじめず自宅に半年以上閉じこもっている、ひきこもりの人は15歳から39歳までだけで推計54万人に上ります。

催しでは、まず徳島大学の境泉洋准教授が家族だけで問題を抱え込み解決が難しくなっているケースが多いと指摘したうえで、本人や家族が外に出て行けるよう地域社会で居場所を作る取り組みが重要だと指摘しました。

またひきこもりの経験者やその支援者によるパネルディスカッションでは、ひきこもりを周囲の人に隠さず地域社会とつながりを保つことや、ひきこもりの人どうしの自助グループを作ることが問題解決のために有効だといった意見が出されていました。

自身の子どももひきこもりで、今回の催しを主催した市川乙允さんは「親の高齢化や介護など複数の問題を抱えるケースも多い。今回の催しが孤立から脱するきっかけになってくれればうれしい」と話していました。

Read more
信じられん??、ワイパーのはずがブレーキ操作、特急100キロ走行中に急停車 JR四国の予讃線

1 :のっぺらー ★ :2017/10/30(月) 11:55:17.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Pg212Xh.jpg JR四国は、29日午後6時半ごろ、予讃線の高松発高知行き特急「しまんと7号」(2両編成)が
高松市内を時速約100キロで走行中、運転士(57)がワイパーを動かす際に誤って予備ブレーキをかけ、
列車が急停車するトラブルがあったと30日発表した。
乗客10人にけがはなかった。

JR四国によると、ワイパーのスイッチの隣にブレーキのスイッチがあり、運転士が誤ってブレーキのスイッチを押した。
運転士が「ワイパーを動かしたらなぜか列車が止まった」と指令所に連絡し、やりとりの中で誤操作に気付いた。
列車は約20分間停車した。

影響で本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線の快速マリンライナーなど上下線計7本が最大21分遅れた。

以下ソース:産経west 2017.10.30 11:12
http://www.sankei.com/west/news/171030/wst1710300040-n1.html

Read more
やっぱ俺たち$+$、普通第2種免許の特例見直し検討 タクシー運転手不足解消へ

1 :ばーど ★:2017/10/30(月) 09:41:12.00 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DNKLHHV.jpg  タクシー業界の人手不足を解消するため、運転手に必要な普通第2種免許について、受験資格の特例措置の見直しができないか、警察庁が有識者による調査研究委員会を設けて検討を始めたことが30日、同庁への取材で分かった。政府が取り組んでいる規制改革実施計画の一環。本年度内に5回の会議を開き、報告書をまとめる。

 警察庁に受験資格の緩和を要望していた全国ハイヤー・タクシー連合会(東京都)によると、法人タクシーの運転手数はピークだった2005年の約38万人から15年は約30万人にまで減少。警察庁の担当者は「安全が担保されるとの前提の上で制度の在り方を考えたい」としている。

配信2017/10/30 09:08
共同通信
https://this.kiji.is/297521076366951521

Read more
石破なら消^^^、消費税、人口比で全て配分提案へ 高齢者配慮で地方へ手厚く 都市部は減収

1 :ハンバーグタイカレー ★:2017/10/30(月) 07:23:54.82 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Vj0jALb.gif https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201710/sp/0010688836.shtml
消費税のうち各都道府県の取り分となる地方消費税の配分方法を巡り、財務省がまとめた改革案が29日判明した。税収の大半を消費額に基づいて割り振る現行基準を全面的に見直し、15歳未満と65歳以上の「老齢・年少人口」の比率に応じて全て配分する。高齢化に配慮しつつ、都市部に偏りがちな税収を地方に手厚くし、人口1人当たりの地方消費税収が最大の東京と最小の沖縄で1・6倍ある格差を是正する。

 31日の財政制度等審議会で提案する。政府、与党が年末に議論する2018年度税制改正のたたき台となるが、減収となる東京など都市部の自治体の反発は必至で、激しい攻防が予想される。

Read more
Scroll Up