ジワジワ!?、ドワンゴ川上会長、niconico運営責任者を“退任”

1 :ばーど ★:2017/12/12(火) 21:36:01.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sgYdB6R.jpg ドワンゴの川上会長が「niconico」運営責任者を退任。同社取締役の栗田穣崇氏が引き継ぎ、ユーザーから批判が殺到した「画質、重さ」問題に臨む。

 ドワンゴは12月12日、川上量生会長が動画サービス「niconico」の運営責任者を退任すると発表した。同社取締役の栗田穣崇氏が引き継ぎ、ユーザーから批判が殺到した「画質、重さ」問題の対策を進めるという。川上会長は運営方針の決定権を移譲するが、新規サービスの開発などには携わるとしている。

 12日午後8時からニコニコ生放送で配信した「動画と生放送サービスに対する意見交換会」で、栗田氏が明らかにした。これまでは川上会長が生放送番組など出演し、ユーザーとコミュニケーションする“窓口”を務めていたが、今後は栗田氏が引き継ぐ。

 同社は11月末、niconicoの新バージョン「く」の詳細を発表。新ユーザーインタフェース「nicocas」を含め新機能を盛り込んだが、当初のリリース予定時期(10月)から遅れた上に、以前からユーザーの多くが指摘していた画質・読み込み速度の課題が「完全には解決していない」(川上会長)ことが明らかに。ネット上では「新機能を実装するよりも基本機能を優先して改善すべきではないか」との批判が相次いだ。

 これを受け、川上会長が30日、「ユーザーの不便や不満点に十分目を向けられていなかった」と謝罪し、近く画質を向上させると発表した。一方、栗田氏のTwitterアカウントには、28日の発表会以降、批判や意見が殺到。栗田氏が個別に返信(リプライ)していた。

配信2017年12月12日 20時51分
[ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/12/news126.html

Read more
「賃貸と持ち家の満足度は倍以上も持ち家が上」 シニア世代は幸福の量より多様性を求めた方が幸福度高い、こだわったか$+$

1 :泥ン ★:2017/12/12(火) 22:54:20.85 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ctgSK8O.jpg 高齢者にとっての幸福とは?(イメージ。写真:アフロ)
http://img.moneypost.jp/wp-content/uploads/2017/12/aflo_rojin_koreisha-300×232.jpg

 出世、結婚、資産形成……そうした人生の成功要因とされる物差しは、仕事も子育ても終えたリタイア世代には通じない。では長い後半生の“幸・不幸”を分けるものは何なのか。「行動経済学」の最新研究で、その境界線が見えてくる。

 内閣府の調査によれば、シニアの住まいに関する満足度は、高齢者向け住宅が最も低く、賃貸と持ち家の満足度は倍以上も持ち家が上。持ち家神話は健在だった。

 もっとも、人は狭い範囲で比較して幸福度を測る。例えば、高級住宅街に小さな家を持った人は最初は満足度が高いが、次第に、周囲の豪邸と比較して幸福感がしぼんでいく。反対に、公営住宅に住んでいる人は賃貸であることが余り気にならない。行動経済学の第一人者、筒井義郎・大阪大学名誉教授(甲南大学特任教授)が解説する。

「周囲と比較して劣等感を感じる環境の場合、引っ越しも幸福度を上げるのに有効な方法でしょう」

 このように行動経済学では、数値の単純比較では測りきれない、人の心理的側面に注目する。幸福度はその最たるものだ。東洋大学経済学部の久米功一・准教授が語る。

「心理学者マーティン・セリグマンは『幸福の5要素』として、【1】ポジティブ感情(前向き)、【2】エンゲージメント(夢中になる)、【3】リレーションシップ(人間関係)、【4】ミーイング(意義)、【5】アチーブメント(達成感)を挙げ、頭文字をとってPERMAと呼んでいます。

 日本の高齢男性は仕事からの幸福感を求めています。仕事以外の活動、例えばボランティアや家事などに、幸福の5要素を見いだせていないのかもしれません。現役世代を含めて、幸せの多様性を追求していくべきでしょう。幸福度を高めるには、現役時代から夢中になれる趣味を持ち、リタイアしたら交遊が途切れる会社の同僚ではない、学生時代の友人や趣味の仲間をつくって人間関係を広げておくのが大切です。もちろん、リタイアしてからでも遅くはありません」

 幸福老人と不幸老人の最大の境界線は、幸福の多様性を身につけられるかどうかにあるのかもしれない。

マネーポストWEB 2017年12月12日 17:00
https://www.moneypost.jp/227372

Read more
真実は何処に…保育園の落下物、改めて全否定 米海兵隊、防衛省に回答、そりゃ俺$+$

1 :アルカリ性寝屋川市民 ★:2017/12/11(月) 22:04:34.36 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tY5ZzaQ.jpg 沖縄県宜野湾市の保育園の屋根に、円筒状の物体が落下していたトラブルで、防衛省の中嶋浩一郎沖縄防衛局長は11日、県や市の首長らを訪ね、飛行中の米軍機からの落下を在沖縄米海兵隊が改めて全面否定していることを説明した。

 中嶋局長によると、海兵隊は落下物を、米軍大型輸送ヘリコプターCH53の部品で、回転翼の損傷を検知する装置を保護するカバーと説明。上空から落ちたとされる時間帯に、保育園近くの米軍普天間飛行場を離陸したCH53については「保護カバー7個、全て離陸前に取り外した。袋で保管しているのも確認した」と回答した。

神戸新聞NEXT 2017/12/11 21:49
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201712/0010809883.shtml

Read more
サルが葛飾区柴又に出没 一時取り囲まれる 捕獲失敗、江戸川区へ、(´・+#+

1 :ばーど ★:2017/12/12(火) 15:57:14.98 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TDoAke6.jpg http://www.news24.jp/images/photo/2017/12/12/20171212-150911-1-0001_l.jpg

 先週から東京都内で相次いで目撃されているサル。12日は、葛飾区に出没し、一時、区の職員らに取り囲まれたが、現在も住宅街を移動し続けている。

 12日午後1時頃の映像には、アパートから電線をつたって別の住宅の屋根へと移動するサルの様子がとらえられている。

 葛飾区によると、サルは午前10時頃から寅さんの「男はつらいよ」の舞台として知られる柴又の住宅街に現れた。網を持った区の職員や警察官が、約20人がかりで捕獲にあたり、正午頃には、サルを住宅街の一角に追いこみ取り囲んだが、結局、捕まえることはできなかった。

 サルは約4時間にわたって、柴又の街をあちこち移動したあと、江戸川区に入ったという。

配信2017年12月12日 15:29
日テレニュース
http://www.news24.jp/articles/2017/12/12/07380293.html

Read more
天皇陛下の退位決定「よかった」と答えた人は91%。読売新聞調査、/ ∩+#+

1 :記憶たどり。 ★:2017/12/12(火) 13:23:11.52 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/edGLfps.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00050088-yom-pol

読売新聞社が8〜10日に行った全国世論調査で、天皇陛下が2019年4月30日に退位し、
5月1日に皇太子さまが即位することが決まったことを「よかった」と答えた人は91%に達した。

「よくなかった」は3%。

天皇の位を継げる皇族男子が減っていることについて、政府が対応を「急ぐべきだ」とした人は
27%で、「慎重に検討すべきだ」が65%に上った。退位を可能にする特例法の制定で与党と
一部を除く野党が合意した今年3月の調査でも「急ぐべきだ」29%、「慎重に検討」64%で、
大きな変化はなかった。

Read more
だよな$+$、「イチ、ニ」受刑者の軍隊式行進は人権侵害 弁護士会

1 :nita ★:2017/12/12(火) 20:03:03.97 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rPtensZ.jpg 12/12(火) 19:45配信
朝日新聞デジタル

 受刑者に「軍隊式」の行進をさせたのは人権侵害にあたるとして大阪弁護士会は12日、大阪刑務所に是正勧告を出した。同会によると2011年12月から12年8月、刑務官が移動中の受刑者に、腕や足を水平程度まで上げ「イチ、ニ」と声を出して行進するよう指導したといい「行き過ぎだ」としている。同刑務所は取材に「声をかけさせてはいるが大声は強要しておらず、極端に腕や足を上げさせてはいない」と答えた。

 このほか、視覚障害のある40代の男性受刑者がルーペの使用を認められなかった事例も、障害者差別解消法に反すると認定。大阪拘置所の死刑囚が、弁護士ら16人への信書送付を求めたが3人に対してしか許可されなかった事例でも改善を求めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000078-asahi-soci

Read more
「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」は危険 コメを主食とした日本食が健康に良い 医師会と米穀団体が警鐘、たけし!?

1 :シャチ ★ :2017/12/12(火) 21:29:54.19 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EZmqFEH.jpg ご飯やパン、麺類などを控える「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」。体重を減らす効果があるとして若い世代を中心に人気だが、
医療関係者の間では「健康を損なう危険性がある」との声が強まっている。日本医師会と米穀安定供給確保支援機構主催の
「食育健康サミット」が十一月、東京都で開かれ、医師らが炭水化物を控えることの危険性を強調した。 (編集委員・安藤明夫)

 ローカーボダイエットは、炭水化物を控え、肉類などタンパク質や脂質中心の食事を取ることで体重を減量させる方法。
若い世代を中心に広まっているが、医学界では批判の声が強く、日本糖尿病学会は二〇一三年、「推奨できない」と提言している。
 サミットでは、栄養のバランスが乱れやすい同ダイエットの問題点を指摘する声が相次いだ。
 森谷敏夫・京都大名誉教授(応用生理学・スポーツ医学)は「炭水化物を取らないことで短期的に体重が落ちても、
体内の脂肪分は変わらず、水分が減っているだけの場合が多い。標準体重でも体脂肪率の高い“隠れ肥満”の若者は
むしろ増えている」と指摘した。森谷さんが女子大学生百三人を調査したところ、隠れ肥満は50%に達し、低血圧35%、
冷え性21%などの問題もあった。
 この学生たちに、正しいダイエットとして、管理栄養士が調理したご飯、みそ汁、魚、野菜、果物などの三食
(一食あたり四百キロカロリー)を二週間提供し、間食はしない生活を送ってもらったところ、体重は平均二・四キロ減。
体脂肪は一・七キロ、ウエストも三・七センチ減った。交感神経の活動や脂質代謝も向上したという。
 日本人の摂取カロリー量は昭和時代に比べ大幅に低下しているが肥満は増えている。
「肥満や糖尿病の増加は食べすぎのせいではなく、座っている時間が長いことが一番の原因。
立って動く時間を増やすことで、筋肉の減少を抑え、高齢期の介護予防にもつながる」と体を動かすことを勧めた。

 福岡秀興・早稲田大研究院教授は、若い女性の「やせたい願望」が栄養不足に直結する危険性を指摘した。
体脂肪率の低下は、卵巣機能に影響し、月経周期が乱れたり、無月経になったりする。
 妊婦の場合はさらに影響が大きい。妊娠初期に炭水化物の摂取が少ないと、赤ちゃんは低体重で生まれる傾向があるだけでなく、
将来的に糖尿病や高血圧など生活習慣病の発症リスクも高くなる可能性があるという。

 高齢の糖尿病患者の研究をもとに食育の問題を取り上げたのは、東京都健康長寿医療センターの荒木厚・内科総括部長。
カルシウムや食物繊維、緑黄色野菜などの摂取が少ないと、認知機能の低下のリスクが高まる傾向がみられたという。
 健康と長寿につながる食として▽米などの炭水化物の主食▽魚、鶏肉、豆類、大豆製品などのタンパク質の主菜
▽野菜、海藻などビタミン、ミネラルの副菜を挙げ、「旬のものを食べるなど、食の多様性も大切」と強調した。

 寺本民生・帝京大臨床研究センター長は、健康寿命を延ばすために、女性のロコモティブ症候群(骨、関節など運動器の障害)、
男性のメタボリック症候群(内臓肥満と高血圧、高血糖などが組み合わさった状態)の予防が大切として、伝統的な日本食の利点を強調した。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201712/CK2017121202000182.html

Read more
ほんそ!?、服役中のけがで国に2800万円の賠償命じる 神戸刑務所のナイジェリア国籍の男性 脱臼の治療で後遺症残る

1 :ばーど ★:2017/12/11(月) 19:50:44.97 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mBx85Ih.jpg 神戸刑務所に服役していたナイジェリア国籍の男性が、服役中に左ひじを脱臼した際に十分な治療が受けられず、後遺症が残ったとして国を訴えた裁判で、神戸地方裁判所姫路支部は「一般的な医療を受けさせる注意義務への違反があった」などとして国に2800万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。
この裁判は、強盗の罪で神戸刑務所に服役していたナイジェリア国籍の41歳の男性が、平成19年に刑務所内での運動中に転倒して左ひじを脱臼した際に十分な治療が受けられず、著しく握力が低下するなどの後遺症が残ったとして、国におよそ4300万円の損害賠償を支払うよう求めていたものです。

11日の判決で神戸地方裁判所姫路支部の惣脇美奈子裁判長は、「医師による脱臼した状態を元に戻す処置やその後のギプスでの固定処置などが十分でなく、男性に再脱臼が生じた」と指摘しました。
そのうえで、「一般的な医療水準に適合しない対応で刑務所側に注意義務違反があり、男性の後遺症との間に因果関係が認められる」として、国に慰謝料などおよそ2800万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。

男性の代理人は「訴えが一部認められ評価できる判決だ。控訴するかは本人と相談して決めたい」と話しています。

神戸刑務所は「判決内容を十分検討し、関係機関と協議して今後の対応を考えたい」と話しています。

配信12月11日 18時17分
兵庫 NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2023180241.html

Read more
可能じゃね??、ヒルドイドを美容目的で使用か

1 :水星虫 ★ :2017/12/08(金) 08:44:06.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uxFaftG.png 「ヒルドイド」2割が美容目的か
(しずおか県)

*ソース元にニュース画像あり*

※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

アトピー性皮膚炎などの治療に使われる塗り薬、「ヒルドイド」が美容目的で
化粧品代わりに使われている問題で、県内の医師の団体が緊急に実態調査を行ったところ、
医師の約2割が、日ごろの診療で美容目的だと感じるケースがあることがわかりました。

「ヒルドイド」は、アトピー性皮膚炎などの治療に使われる保湿剤で、
公的医療保険が適用されるため化粧品より安く手に入るとして近年、美容目的で使う人が後を絶たず、
国の医療費の増大につながりかねないと指摘されています。

この問題について県保険医協会は先月、皮膚科や内科などの医師約1100人を対象に
緊急のアンケートを実施し、261人から回答を得ました。

この中で、ヒルドイドを処方する頻度を聞いたところ、
▼「よく処方する」と答えた医師の割合が50%、
▼「たまに処方する」が39%でほとんどの医師が日常的に処方していることがわかりました。
さらに、美容目的と感じるケースがあるか聞いたところ、
▼「ない」が77%、▼「ある」が21%で、約2割の医師が日ごろの診療で
美容目的で化粧品代わりにヒルドイドの処方を求められていると感じていることがわかりました。

県保険医協会は、
「医療費が増大するなどして万が一、保険が適用されなくなれば必要な患者が使えなくなったり
経済的な負担を強いられたりする恐れがある。本来の治療以外の目的で使うのはやめるべきだ」
と話しています。

12/07 12:53
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3033211351.html

Read more
禁断の大麻ビジネス、マリファナ合法化で膨らむ商機に転身するエリートたち、嘘だわ!?

1 :みつを ★:2017/12/11(月) 04:46:47.98 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/m4waEL6.jpg https://jp.reuters.com/article/us-cannabis-business-idJPKBN1E20MD

2017年12月10日 / 01:12 / 19時間前更新

Angela Moon and Chris Prentice
[6日 ロイター] – アラン・ガートナー氏は2年前、シンガポールでグーグルのアジア太平洋地域の営業チームを率い、1億ドル(約112億5000万円)を超えるビジネスを動かしていた。

現在、同氏はカナダのトロントにある小さなオフィスで1日をスタートする。大麻ビジネスのブランドを立ち上げ、ヴェポライザー(吸入器)や水パイプなど、最大価格が335カナダドル(約3万円)する高価な吸引器具を販売している。

ガートナー氏は、ITや金融セクターの高待遇な会社勤めを辞めて、急成長するマリフアナ業界へと転身した数多くの起業家や投資家の1人だ。

米カリフォルニア州で20年前、医療用のマリフアナが初めて合法化されて以降、大麻関連ビジネスは他業種から有能な人材を集め、米投資企業から大規模な資金を呼び込むことで発展してきた。新しいコモディティー指数は、大麻の相場データさえ提供している。

自身のキャリアチェンジについて、今でも驚かれることがあると、ガートナー氏は語る。彼の母親からは、「グーグルで他の仕事はなかったのか」と、聞かれたという。

それでも、この業界に根強く残るタブーや法的リスクにもかかわらず、ガートナー氏は「トーキョー・スモーク」の最高経営責任者として、10カ月で1000万ドルの資金を調達した。

年間売上高が現在約80億ドル規模の合法大麻市場は、2021年までに3倍の226億ドルに達する予想だ、と同業界を調査するアークビュー・マーケット・リサーチは指摘する。

そうなれば、米国で最も収益を上げているスポーツ、ナショナルフットボールリーグ(NFL)を上回る可能性がある。NFLの昨年の売上高は約130億ドルで、2027年までの目標は250億ドルだ。

調査会社CBインサイツによると、ベンチャーキャピタルによるマリフアナ関連企業向け投資件数は今年、現時点で少なくとも27件に上る。2016年は10件、2015年は9件だった。

こうした資金流入は、米国の合法マリフアナ業界で働く15万人の給料支払いに役立っている、と大麻関連ウェブサイト「リーフリー」は試算する。この業界の労働者数は昨年比で2割増加している。

1本20ドルの大麻入りチョコレートを製造する「デフォンセ・ショコラティエ」の創業者、エリック・エスラオ氏は、1年ちょっと前までアップル(AAPL.O)のシニア・プロダクション・マネジャーだった。

マリフアナ業界に転身することで自身のキャリアに傷がつくことを恐れる気持ちもあったが、それでも飛び込んだ。

「大きなチャンスを目の前にして見逃すわけにはいかなかった」
(リンク先に続きあり)

Read more
Scroll Up